2010年02月24日

もう春です

高校時代、サイクリング部に所属、2年夏から部長になり
新入部員をまとめる役割となりました。後に追加入部があり増えたのですが、春からはたったひとりの男子が入部のみ。
ちょっと‘ま〜るい’感じの和み系の彼は、地元商店の長男でした。

で、入学してまもなく彼のお父さんが46歳、心不全で亡くなってしまいました。
ぼくの父親は、ぼくが中一の5月に同じく心筋梗塞で42歳で他界しています。
同じ、自営業ってところも共通項で境遇が似ているなと感じていました。
お互い、学校に行く目的が部活動じゃないかってくらい部活動中心の学生時代でした。

サイクリング部は、夏の大イベントとして、2〜3泊くらいで合宿があり
学校から目的地まで20名くらいでツーリングするんです。
貸し別荘やロッジで自炊したり、ユースホステルでシーツたたみで怒られたり
秩父・日光湯元・富士五湖など企画からすべて考えるところから楽しかったです。

1年後、彼が部長を引継、さらに部員をまとめてOB含め6学年くらいの部員が
今でも集まってワイワイやっているのです。
当時の顧問の先生も含めての交流が続いています。

彼は卒業後、ぼくの同級、副部長の彼女と結婚することになるのです。
ぼくの相方は、部活は違いますが、ひとつ下で彼の学年だったのです。
彼の友人で、彼に誘われてあとから入部したM後輩くんは、じょーじのギター師匠です。

ほかにもそれぞれ、また違った共通項があり、何かあると集まる関係です。
で、あす、また大勢で集まります。



彼にお別れしなければならないのです。

脳出血で突然倒れ、回復するかと見られリハビリの準備もしていた矢先
突然の心不全でした。
あまりのことに事態を受け入れられず、無念です。


ぼくは、彼がよーく寝ていて、ずっとずっと寝ていて起きてこないだけと
思って、今後も彼の店に寄る際も、「まだ寝てるのかよ、いいよ、
良く寝てるから起こさなくても」ってお茶でも飲んでくることにします。
posted by tamara at 23:57 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 出来事| edit
この記事へのコメント
私も以前同じ様な関係の友人が・・・

心中お察しいたします。
ご冥福をお祈り申し上げます。
Posted by のぶぞ〜 at 2010年02月25日 21:48
つ、辛いですね、、、、。
Posted by Mook at 2010年02月26日 18:26
 先日はお忙しい中お世話様でした。
無事、葬儀も終わりましたがご家族の方々も休む時間を作れて一息つけるといいですね。

 収骨を済ませたと言うのにも拘わらず、いなくなってしまったという実感が湧きません。と言うより認めたく無い心境です。
 
 故人と付き合うきっかけは、大きくくくれば同じ高校だったと言う事なのですが、強く結びつけてくれた一番の要因は、やはり部活動だったのは間違いありません。

 たまら先輩をはじめとする面倒見の良い諸先輩方々が(100万円ください)穏やかで楽しく緊張感など存在しない(?)居心地のよい環境を築いてくださったおかげで、何の心配も無い中で行動を共にして親密になる事が出来たのだと思っています。そしてたくさんの楽しい思い出が残せました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

 そんな故人も私達同様に感謝していることでしょう。みんなで過ごせた時間や経験は生涯大切な宝物です。きれい事を並べたようになってしまいましたが今の正直な気持ちです。

 仕事以外で色々と忙しい年齢層に突入していますので先輩もご自愛ください。
Posted by マージー at 2010年02月28日 21:30
のぶぞ〜さん>
Mookさん>
ありがとうございます
もう、そんな世代ですからね。
年とともに時間の大切さを感じることが多くなります。

マージーさん>
お世話さまでした。
マージーさんと彼は、それはそれは親友で、そのふたりが
いて上手いこと部活も継続していきましたし、皆、自営業と
いうこともあり、共通の話題が絶えなかったですからね。

近いうちに遊びに行きます!
Posted by tamara at 2010年03月30日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142038933

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。